Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

はじめに

f:id:miho2blog:20170728223504j:plain

 

こんにちは!訪問してくださった方、ありがとうございます!
初めまして、みほつー ( @Miho2blog ) と申します。

 

準備が整ったら始めるぞ!とくすぶっていたブログ。そもそも何をもってゴールなん?と思い、一生始まらなそうだったので見切り発車しました!!

よーっし!!! いってみよう!やってみます!

 

 

 

 

 

みほつーってそもそも何者?

 

  • 34歳女子
  • 東京生まれで東京と埼玉のハーフ育ち
  • 現在フランス在住
  • 人生の半分くらいを飲食店で勤めてる
  • 20代前半から一人旅にはまって、そこから凧の糸が切れたように放浪
  • ワーホリでニュージーランドとオーストラリアを経験
  • 前髪がいつも短い
  • 湿気が嫌いでその時期は梅雨のない国へ行くのが好き
  • 暇さえあれば飲んでいる(1人でもみんなとも)
  • 英語とちょっと中国語を話す。フランス語は目下は勉強中

 

 

ざっとこんな感じ 

だいぶ雑な端的情報ばっかりだけど、うっすら想像できてきませんか?

 

 

 

ブログを始めるキッカケ

 

f:id:miho2blog:20170728051728j:plain

 

最初に言っておくと私はすこぶる機械に弱い、素で昭和を生きているようなアナログ人間です。昔はmixiとかで日記的なことを書いてたりもかつてはしてたけど、紙ベースの日記だけは欠かさずつけてるんです、手帳にね。なんだかんだ今年でもう17年目!!

後は手紙を書くのも好き。

 

 

日記って人に見せるものでないから感情で殴り書きしたりで、文章力もなくハチャメチャだけど、今までの飲食業界での経験とか、旅を通して見たこと、感じたこと、フランスでの生活等々。そういうのをアウトプットしたら、もしかしたら誰かの役に立てるかも?と悶々とする感情はずっとありました。

 

 

そして今年の春に結婚を機にフランスに当面住むことになって、覚悟が決まった!ダメでも死ぬわけじゃないんだからやってみよう!ってゆうか非常にやりたい!!自分でお尻に着火しないと動かないのも私の性格なのです。

 

 

 

大人しいけど頑固一徹、もやついてた子供時代

 

f:id:miho2blog:20170728050412j:plain

 

 小学生くらいまでの私は自己主張も特に激しくなく、将来の夢、やりたいこともなく、ただ目立つことが苦手で常に人の顔色を伺って行きているようなタイプでした。その反面、短気だったり頑固、一度怒りスイッチが入ると自分でもびっくりするぐらい手に負えなくなるような子でした。

 

中学時代は、都内の中高一貫の進学校に進学。女子校でした。
小さい頃は近所で男の子とばっかり遊んでいたし、リカちゃん人形とかおままごととかが嫌いな子だったので、最初は戸惑いました。

ふわふわ女の子らしい女の子が多かった反動なのか、溶け込めない私はどんどんドライな性格になっていくと同時に、グループから抜ける勇気もなく、言いたいことも言えず内向的に。とりあえず誰かと一緒にいるだけのこの時代に我慢や忍耐を覚えました。

 

そして異様なくらいに就職という言葉を嫌ってて、ハゲ散らかったおっさん達に面接とかで、御社の◯◯な所が〜とか、思ってもないことを言ってる、ネコ被りな自分が容易に想像できて。

頑固な私はそんなんは嫌だー!やってやるもんか!と謎の決意表明を自分の中でしてました。

その頃から組織に属するくらいなら自分で何かをやりたい!相変わらず何をしたいかとかはわからなかったけど、漠然とした思いが芽生えたのです。

 

 

ネジが少し緩み始める

 

f:id:miho2blog:20170728060817j:plain

 

高校の時に毎日のように一緒にいた友達の影響でバイトを始めました。埼玉のド田舎に住んでいたので、バイトの選択肢があまりなくって適当に決めた居酒屋。でも結果ここが今の私を構成する大部分になりました。

 

初めてお金を頂いて働く。人との上下関係や距離の取り方、言葉遣いなど、学校の机上の勉強だけじゃ学べない事だらけでわからない事もたくさんありました。でも先輩たちは優しく根気強く教えてくれて、同年代の子達は自分とは違ってキラキラして見えてすごく羨ましかったです。

 

何が違うんだろうって日々観察をして、たくさん話して分かったことは、みんな自分をしっかり持っていて嫌なものは嫌、好きなことは好きがはっきりしてて、それぞれのカラーがあった。俗にいう個性ですね。

 

部活にも入らない帰宅部で運動が嫌いな私。マックでハンバーガーが1個65円だった時代。食べることが大好きで、暴飲暴食をしていた私はなかなかのぽっちゃり。早い話デブでした。そんな自分を変えたくて、オシャレや化粧を気にし始めてみたのもこの辺りからでした。高校2年の春休み。誰とも会わず誘惑を断ち切ってのダイエット。結果1ヶ月で8キロもの減量に成功しました。

 

 休み明けでだいぶ変わった私を見て、話したこともないような子からも話しかけられたりして、自分が死ぬ気で努力をした結果をみんなが褒めてくれて嬉しいっていう小さな成功体験ができて、この辺りから自分に少しだけ自信を持つことが出来るようになりました。

 

 

がむしゃらにバイト三昧な日々

 

f:id:miho2blog:20170728061901j:plain

 

大学に進学してからは、ひたすらバイトに明け暮れる日々で朝まで働いて、家で仮眠→授業なんてのもざらではなかったです。本業は学生だしで(根が真面目すぎ)休むことはあまりなかったけど、内容は身に入ってなくって。

 

アルバイトも2つ掛け持ちをして、自分でお金を稼ぐことの大変さ、年数を経て任されることも大きくなり責任を持って働くことも学びました。高校から勤めていた居酒屋では常連のお客さまと仲良くなれたり、他店の応援に行くことも多かったので知り合いも増えていって最強に楽しかったです。

 

 

と同時に自分にとって最高に居心地がいい場所だけど、これを一生続けるの?ずっと同じ場所にいるってことは自分で自分の成長を止めているようなもんじゃないのか?大学進学までさせてくれた親のためにも1回は就職をしてみようかな?と考え出すようになりました。

 

 

そんな中、縁があって出会った人からうちの会社で働けば?とのお誘いが。 就職活動なんてしたこともなかったし、大好きな場所からの脱却方法も知らない、どうせ働くなら大好きな飲食業界で働きたいと思っていた私にはこの上ない転機でした。でも大好きだった店を辞める時は送別会で号泣しすぎて呼吸困難になっちゃったりするぐらい断腸の想いでした。

 

 

飲食コンサルタントになる

 

f:id:miho2blog:20170728051237j:plain

 

初めてのいわゆる正社員としての社会人経験で私は飲食コンサルタントになりました。 と言っても中途入社だし、現場経験もないので最初は自社の飲食店舗での研修。今までの経験を生かせる!と意気込んでいた私は出鼻をボコボコに挫かれる毎日でした。 何をやってもダメ出し、終いには何考えて生きてるんだ?と。

 

 

研修が終わって、会社から言われるがままの初の一人暮らし。初めての一人暮らしは理想とは程遠い我が家。 築50年くらいの木造で道路に面した1階、洗濯機は外の玄関横、蛇腹カーテンが黄ばんでる、隙間風で冬は異常に寒い・・・。住む部屋について、私には選択肢が与えられず、しかも住宅手当も出ない。唯一の落ち着くべきプライベートの空間なはずなのに。

 

 

配属先も決まって現場に入るも中々の問題現場でした。(そういう店舗に行って提案、改善をするのが私たちの仕事だったんですけどね) お金関係が緩すぎて信頼の全く出来ないクライアントの社長。業者さんが店舗にやって来ては未払い分の取り立てにきて店前で大声で怒鳴られるドラマみたいな世界。働いてくれているスタッフの給料を平気な顔で滞納など、想定外のことが起こる毎日。

 

 

一緒に働いてくれたスタッフ、来てくださるお客様、みんなのことが本当に大好きでした。大変なことも多かったけど。 そんな環境にいた私はだんだん体調を崩すようになり、毎日点滴をしてから出勤、週の半分はタクシーで帰宅か店舗に泊まる。そんなある日病院でうつ病との診断を受けたのですその店舗には10ヶ月ほど居たけど、守りたい、守るべきものがたくさんあるのに大きすぎる見えない闇に負けてしまった私は、また好きな場所を離れなければならなくなりました。

 

 詳しくはこれを読んで下さい。

www.miho2blog.com

 

うつ病発症〜社会復帰するまで

 

f:id:miho2blog:20170728062332j:plain

 

結局1年弱の私の社会人生活。 何事もやってみないと済まない性格なので挑戦できてすごくよかった!と今では思います。自分の限界値や弱点も把握できたし。
あの頃にはもう戻りたくないけど、改めて今思い返すと貴重な経験だらけだったなと思います。

 

実家に戻り療養をして人と会わない生活が続いたけど、初めてバイトを始めた時からずっと突っ走って働いて来たので何か物足りなくなって来ました。そして私を元気にしてくれたのは人でした。

 

社会復帰一発目は飲食業に懲りていたけど、嫌いにはなりたくなかったので前から興味のあった販売の仕事をするようになりました。と同時に暗黒の社会人生活の終盤くらいから、私は海外に対してとても興味を持つようになりました。 働いていた現場で外国のお客さんが多かったのに全く英語ができないもどかしさ。英語が話せればもっと話したいことがいっぱいあったのになと思ってました。

 

英語の勉強方法を調べて行くうちに、ワーキングホリデーの制度を知りました。 これだっ!と思った私は販売の仕事とは別で飲食関係の2つの仕事をして留学資金を貯めることにしました。これがなかなかハードで、長い時は1日17時間くらい働いてたような・・・。おそるべしあの頃の私の体力!

 

 

ワーホリで英語を身につけ海外を放浪

 

f:id:miho2blog:20170728063225j:plain

 

私がワーキングホリデーとして選んだ国はニュージーランドでした。理由は南半球に行ってみたかった、景色の綺麗な田舎暮らしがしてみたかった、キウィフルーツをたらふく食べたかった、物価があまり高くなかった、旅をするのにデカすぎずちょうど良さそうな大きさだったから。こんなところでしょうか?

 

最初の4ヶ月半は語学学校に通いひたすら勉強。ほどほど遊んだけど基本クソ真面目。後半は国内を放浪しながら、酪農家の素敵なニュージーランド人の方の家で住み込みで働きました。そのおかげでネイティブとまではいかないけど、 人と話すのにはさほど困らないレベルになって出発前と比べるとはるかに英語が上達したことを体感して、これも自分に自信を持たせてくれる成功体験となりました。

 

1年のワーキングホリデーが終わって日本に帰って来てからは、梅雨の時期や行きたい時にせっせと海外に逃亡(私は日本でトップ3に入れるくらい梅雨が大嫌い)、帰国したらがっつり働くという生活スタイルを自分の中で確立していきました。

 

英語というツールを手にいれて自由の選択肢が増えた私はフットワークが軽くなって、落ち着きがない忙しない暮らしっぷりが加速したけど、これはこれでメリハリがあって日々が充実していました。旅行に行くために仕事に対するモチベーションを上げて嫌なことがあっても楽しく働くことができました。

 

 

 

ラストチャンスと運命の出会い

 

f:id:miho2blog:20170728063835j:plain

 

数年が経って30歳を過ぎた時点で、もう一回最後のチャンスとしてワーホリに行きたいと考えた 私は31歳になる直前でオーストラリア行きのビザを取得しました。 職場や家族からの反対によって出発まで時間がかかったけれど、自分の人生だし直感で行くべきだと思ったので半ば強行突破で行動に移しました。

 

軍資金もさほどなかったのでお金が尽きたら帰ってこようと軽い気持ちで渡豪。今回は前回のニュージーランドとは違って語学学校に行かないで、ローカルの日本語が通じないところで働いて英語のスキルを磨くこと、前職でバリスタの経験があったのでオシャレなカフェで仕事がしたかった、 オーストラリアにしたのはオセアニアが好きになったことと、最低賃金が世界一高いとのことを基準に選びました。

 

渡豪から4ヶ月が過ぎたその年の年末に私は現夫であるフランス人の男性と出会いました。彼と出会ってからは一緒に旅をして生活をして、飲み散らかしたり、バカみたいに働いてみたり。日常が非日常のような感覚でとてつもなく楽しかったです。

お互いのビザに期限はあるのは知っていたけどお互い先のことは考えず”今”を楽しく生きることだけを考えて一緒にいる時間を過ごしていました。

 

 

日本での生活〜結婚〜渡仏の現在

 

f:id:miho2blog:20170728065303j:plain

 

オーストラリアでのビザが切れて、話し合いの後に私たちが選んだスタイルは、彼にワーホリ制度を利用してもらって日本で一緒に生活をしてみるということでした。 私たちの共通言語は英語で彼はほとんど日本語を話さないので、彼にとっては苦労が多かったりもしたけど、旅が大好きな私たちは相変わらず生活をしながら旅も続けていきました。

 

元旦に沖縄に着き、正月感のない全然ない沖縄で日本に帰って来た実感も感じないまま日本での生活がスタートして九州、中四国、最後は京都にたどり着きました。

 

彼が日本の文化や食事、人などを以前よりも好きになってくれて、私自身も海外旅行ばっかりに目を向けていた時期が多かったこともあり、自分が知らない日本の良いところを知る良い機会でもありました。

 

 

そしてその年の終わりくらいに結婚することを決めました

 

 

話し合った結果、しばらくはフランスに拠点を置いて生活しようということになって、現在はフランス北東部にあるアルザス地方の小さな街に住んでいます。
ちなみにフランス語はまるで喋れないので夫に小馬鹿にされながらも、目下独学で勉強してます。(発音のセンスがまるでないそうです、私・・)

 

 

 

フリーランスとしてやって行く決意

 

f:id:miho2blog:20170728070330j:plain

 

数年前から旅先などでブロガーと呼ばれる人たちにたまに出会う機会がありました。

すごく楽しそう!私もやってみたい!だけど自分には無理だー!と勝手に思って諦めていたけど無理かどうかはやってみないと分からないし、むしろ誰もダメって言ってないじゃん!と気づきました。

 

 

 

 

可能性を潰していたのは紛れもなく自分でした。

 

何かを始めるのに遅すぎることはない。

 

強い思いを持ち続けながら、何かを始めるというアクションを起こすことの方がもっと大事だと思う。

 

 

 

ブログを書くにはまだまだひよっこだけど人生は日々勉強。その方が楽し!そんな結論に至りました。

 

 

とても長文になってしまいましたが読んでくださった方、ここまで読んでいただいて本当にありがとうございました。
このページを読んでくれる人に有意義で楽しめる、自分自身もワクワクするようなコンテンツを作っていきます!

 

 

これからもよろしくお願いします!