Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

目の前にあるレールから離れてから見えるようになったこと

f:id:miho2blog:20170812062104j:plain

こんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。
今日は、とあるブログを発見したのでぜひご紹介をしたいなっと。
ちなみに会ったことも話したこともまだないんだけれど、なんかどこかで接点が持てる気がしてるんです。
いつでも根拠のない自信を持つことが得意技、それが私です。

 

 

 

www.madamoriental.com

このブログの著者、Yukaさん。

気になるワードがたくさんあったり、似ている境遇などがあってとても親近感が湧いたんです。


Yukaさんの詳しいプロフィールはこちらから。

 

 

 

 

 

親近感その1は同い歳の花の83年生まれ。
ただこの言い回しを言いたかったんですがきっともう死語ですね、これ。

f:id:miho2blog:20170812063033j:plain

 

 

 


そして、その2がYukaさんのお父さまとうちの父の職業が同じく医者であること。
実際の自分の周りで同じ環境の人がいなかったので、実は吐き出せない感情がずっと私の中にはありました。

f:id:miho2blog:20170812063453j:plain

 

  

Yukaさんも言ってたけれど、当初私も医療の道へ進むことを当たり前に考えていました。小学校高学年から私立の中学に入るために塾に通っていた時も、のびのびと遊ぶ友達を見ても特に何も思わず淡々と勉強していました。
かと言って勉強LOVEなガリ勉なわけでもなく、塾の教材費として親からもらったお金を大好きなゲーセンにつぎ込んだりという悪知恵がよく働いていました。

 

 

私の場合は中学2年の時に絵に描いたように急に成績が落ち(特に数学!)、その時に自暴自棄になって、私には無理だ!と思い込み、生まれ持っての我の強さから就職なんて絶対にしない!と決意をし、医療の道を努力すらすることなく諦めてしまったのです。

 

 

小さい頃、ある日に誰かのお母さんに言われた、

『みほつーちゃんのパパは頭が良くてお金があるからいいよね〜。』という言葉は今でも忘れない。

 

  

父の職業を話すといつも『金持ちだね〜』とか『すごいね〜』とか言われることが昔っから疑問というか、大っ嫌いでした。

 

父は父で私は私。
父の子なのに、比べて私は頭も良くない、脱線してからは劣等感の塊でしかなかったおかげで、世間が”私を甘やかされて育った娘”と思ってるんじゃないかとひねくれた感情さえ持つようになり、いつしか父の職業を隠すようにまでなりました。

 

すごいのはパパが頑張り続けてくれていたこと。その仕事がたまたま医者でお給料も世間的にみていいから?言われたことなんだろうと思うけど。お金があれば人は幸せなのだろうか?
どこの家庭のお父さん、お母さんも仕事をとても頑張って家族を養っているのは変わらないのに、なんで医者という肩書きだけで判断するんだろう?って思ってました。

 

だから、私はどんな職業でも自分が好きな仕事で頑張るんだ!人が何を言おうと関係ない!そう思うようになりました。

そんな昔抱いてて忘れかけてしまっていた大事なことを改めて思い返させてくれました。

 

 

 

 

そしてYukaさん、現在はなんとタイのバンコクで鮨屋の女将さんをやっているとのこと!
すごい!ほんとこの一言に尽きる!飲食経験がない中で、しかも海外に自ら1人で飛び込みに行く!人生を生きているっていう感じがカッコ良いですね!

 


私は勝手に、最初は全てが新しいことだらけで苦労もとても多かったんじゃないかって思ってたけど、

 

自分ひとりでがんばって、狭い価値観から抜け出せず苦しんでいるなら、そんな価値観の通用しない”どこか”に「移住」しちゃえばいい。

 

 

”自分にとって”の楽園なら存在するはず。
自分らしく生きられる国や都市。呼吸しやすい場所。

 

 


様々な経験を渡り歩いてきたYukaさんは予めひかれたレールに自分で新しいレールを足し続けて旅をしているみたいだな、とこの2つの文章をみて思ったのです。

 

 

自分に合っている場所がどこかなんて自分の足で見て回って、生活してこないと見えてこないもの。人が良いよってオススメしてくれた場所が自分に合うかどうかはまた別の話であるように。
私も定住よりかは、そうやって自分の知らない世界を自分で開拓していきたい思いが根底に強くあるので、とてもいい刺激がもらえました!

 

 

最後の親近感3

Yukaさんが締めくくりの題で書いている


世界のどこかで会いましょう!

 

まさにこれ、私がバックパッカーで旅をしている時に友達と離れる時にいつも言ってた挨拶で!とってもびっくりしました!笑

f:id:miho2blog:20170812064852j:plain

 

 

私の稚拙な文では魅力が紹介しきれていないけど、色々な経験をされていて、文章もテンポが良くって引き込まれること間違いなし!です。
自分のプロフィールもっと充実させたい!と思わせてもらいました。



 

ぜひ皆さんもYukaさんのブログを見にいって見てください。オススメです!