Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

フランス旅行中の食の事情についての振り返ってみた

f:id:miho2blog:20170918015545j:plain

こんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。

4回に分けて書いてきたフランスのパリ旅も今回が最終回。
なんのこっちゃという方はぜひこちらからお読みくださいね。

www.miho2blog.com


日本産の美女とパリを女2人旅をしてきたんです。
今回は食事にフォーカスしてみようと思います。

f:id:miho2blog:20170916013810j:plain

この売り方 The海外!な感じですよね

f:id:miho2blog:20170916043734j:plain

peche plateというフランスの平たい桃

フランスは野菜と果物が安い!

これはフランスだけにとどまらず海外で頻繁に感じること。日本にいた時は果物は買うのをちょっと躊躇してしまうくらいの値段な私はいつもバナナばかり食べてました。

写真2枚目のこの桃。日本のものより一回り小さくて潰れた形をしてます。シャクシャク系の硬めの食感で甘みも申し分なし!6つで2ユーロ(260円くらい)とお手頃価格で友達のAちゃんもこの美味しさにハマってました。

サラダパック?(サラダ用にもう洗われて袋詰めされたもの)も500gで1.5ユーロ(200円くらい)だし、他の野菜もとても安いんです!キロ売りがほとんどなので自分が必要な分買えて食材をダメにすることも少ないです。
フランスの税金は食品に対して20%と日本の2倍以上!それを加味してもこっちの方が安いのです。

ちなみに消費税という制度を1954年に世界で初めて導入したのはフランスなんですよ〜!

 

f:id:miho2blog:20170916045408j:plain

せっかくカラフルなトマトを買ったのに黄色と緑を入れてしまう残念が過ぎる私

 

f:id:miho2blog:20170916050245j:plain

フルーツ食べながら泡を楽しむ大人の楽しみ方。ただ盛り付けがまたも残念。

部屋でもっと料理をしていたはずなのに残っている写真がなぜかこれしかありませんでした。Aちゃんには我が新居に遊びに来てもらおうと思っていたんだけど、工期が遅れまくって今回は叶わなかったのです。
私はフランスのアルザス地方という、白ワインやスパークリングワインの産地としても有名な場所に住んでいて、ぜひ飲んでもらいたかったので宿で嗜むことに。

個人的に好きな白のリースリング(Riesling)とスパークリングのクレマン・ダルザス(Clement d'Alsace)を。自分の好きなものが見つからなかったので直感で選んだものを飲みましたが飲みましたが、イケた!

 

外食もしてみた


オペラ付近をお散歩している時に見つけたレストラン。またも写真を撮り忘れてしまったのですが、外の立て看板に各国の言葉でワンフレーズが書いてあって日本もありました!

Le Royal Opera

f:id:miho2blog:20170916053644j:plain

レストランの内装。赤を基調にしていて可愛らしい感じ

 

f:id:miho2blog:20170916052615j:plain

とりあえずビールで乾杯!

 

f:id:miho2blog:20170916052544j:plain

ハーブ焼きチキン、ポテトフライ、サラダ。フレンチ料理…は頼まなかった。


感想は、載せといてなんなんですが可もなく不可もなくという感じでした。ただ店員さんが気さくな人が多かったです。
日本人観光客がよく来るとのことで片言で日本語を話してくれたので私もカタコト返しをしてました。

Aちゃんもきのこのクリームパスタというこれまたフレンチではないチョイスでした。笑

ビールを1杯ずつと食事で2人で40ユーロ弱でした。写真では伝わりづらいかもしれないんですがボリュームがすごいんです!この量に慣れたら確実に肥える、そんな量が出て来ます。


ちなみにフランスではチップの文化があるのですが絶対ではないです。あくまで食事に満足したとか、いいサービスを受けて嬉しかった時に気持ちとして払うものなのでいくらというのは具体的な数字は気にしなくて大丈夫です。
私はキリのいい数字を出して残りはチップですと言って支払うことが多いです。(現金払いの時)

 

別日にカフェへデザートを食べに

まさかの店名を忘れてしまって…。ブロガーとしてダメですね、これでは。今後は気を引き締めなければ…。
ヴェルサイユ宮殿の駅の近くにあるカフェに入りました。

f:id:miho2blog:20170916055040j:plain

またも赤基調の店内。夜賑わいそうな雰囲気でした。

f:id:miho2blog:20170916055043j:plain

優柔不断で決められない私はデザートの盛り合わせを。

2人ともどうにもこうにもタルトとアイスクリームか生クリーム付きのが食べたかったので、Aちゃんはブラウニー、食い意地がはりまくってる私はデザート盛り合わせを。クリームブリュレに期待をしていたんですが、左手前の甘くないヨーグルトにキャラメルソースとクランブルのものが予想外に美味しかったです。


マックのオーダーマシーン

f:id:miho2blog:20170917061123j:plain

海外ではよく見かける?オーダーマシーン

日本では見かけないこのマシーン。今まで訪れた国で頻繁にみたのですが、この機械があるマックでは先に画面でオーダーをして、出て来た伝票を持ってレジに行き支払いをしてから番号を呼ばれるまで待ちます。

これを見せたくて入ったマックでしたが、小腹が減ってたのでうっかり普通に食べてしまいました。笑


日本にはないバーガーでロイヤル デラックス (Royal Deluxe) は美味しくてたまに食べます。マスタードが効いたソースが美味しいので見かけたらぜひ挑戦してみてください!オススメ!


Mac Cafeのマカロンやケーキが充実しているのも土地柄だなって思います。全体的に値段はちょっと割高に感じます。

個人的にはあまりジャンクフードを食べない方なのですが、海外にいるときは地域限定のものを偵察がてらよく食べたりしています。

 

まとめ

フランスで外食をすると高いなというのが率直な感想でした。美味しくて目でも楽しめる料理もそのぶん多いとは思うのですが。
旅行中という観点で言うなら、外食3:宿でご飯7くらいが個人的にはバランスが良いなと感じます。

長くなりましたがフランス紀行はこれで終了です。次回からベルギー編に突入します。
ぜひ合わせて読んでいただけると嬉しいです!