Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

今、京都に行くんなら超絶オススメする2つの場所

f:id:miho2blog:20171111092757j:plain

こんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。

1つ前に書いた記事ではすっかりクリスマスに向かって一直線になっていた私ですが、ネットサーフィンをしていたら素敵なイベントを見つけて秋に返り咲いています。
そのイベントとは京都で開かれているものなんです。

世界遺産と一緒に金魚が見れる場所

ツイッターでもポロリと呟いたのですが、京都の二条城でアートアクアリウムというイベントが期間限定で開催されているそうなんです!前回の開催が2年前で、今年は大政奉還150年の年に当たるとのこと。

実は私は去年半年ほど京都に住んでいたのですが、残念ながら去年は開催されておらず…。個人的に水族館は一人でも行くぐらい大好きで、大昔に六本木ヒルズで開催されていたときは確か2、3回くらい見に行った記憶があります。私のような水族館オタクな人にはうってつけのイベントに違いない!

通常の二条城はこんな感じ

f:id:miho2blog:20171111082708j:plain

二条城内にある二の丸御殿

f:id:miho2blog:20171111082852j:plain

ちょっと高台に登ると山々に囲まれた京都の一部を見ることができます

f:id:miho2blog:20171111083219j:plain

庭園で。主人はThe日本庭園が大好きでとっても嬉しそう!

去年の秋頃で天気も良くてとても満喫できました!通常の入城料は600円(時期などによって変動あります)

期間限定の今の二条城

f:id:miho2blog:20171111084257j:plain

敷地内はこのようになっているようです

f:id:miho2blog:20171111084300j:plain

この屏風も水槽になっているようでプロジェクションマッピングによる変化があるみたい

f:id:miho2blog:20171111084303j:plain

巨大金魚鉢!フォトジェニックですね〜

画像引用:ART AQUARIUMより

何が楽しそうって普段は入ることのできない夜の時間帯に入ることができて、京都のお茶や地酒、お菓子をいただける場所が用意されていたり、能楽や舞妓さんの芸を見ることができるっていう京都らしい粋な体験ができるところ!

開催期間:10月25日〜12月11日

開催時間:17:00〜22:00(最終入場21:30)

入場料:1500円(早割やセット券など様々なプランによって変動あり)

f:id:miho2blog:20171113000607p:plain

あまり知られていないけど…東寺は穴場スポット!

超メジャーな観光地という訳ではない東寺ですが、実は以前住んでいたのが東寺の真ん前って事もあって個人的にはすごくオススメ。
京都駅からも1駅で歩いて15分くらいで行ける距離なので、移動がしやすいのも高ポイントではないかと思います。

紅葉シーズンの今、ライトアップされた五重塔は息を飲む美しさでした!
写真は去年のもの

f:id:miho2blog:20171111092320j:plain

本堂に行くまでに大興奮だった私

f:id:miho2blog:20171111092617j:plain

お気に入りの写真の1つ。肌を刺す寒さだったけど風がなくて綺麗に撮れた!

f:id:miho2blog:20171111092339j:plain

紅葉の織りなす色と五重塔がなんとも言えない

f:id:miho2blog:20171111092639j:plain

ちょっと別角度から

毎日外から見ていたけど、いざ紅葉と合わせて見ると感動度合いが300%増しになりました!自然が作り出すこのグラデーションって素晴らしい!そしてこの美しい景色を愛でる風習も素敵だなと海外に住んで改めて感じる部分です。

もちろん海外でも紅葉はしていますが、日本のように楽しむ習慣があまりないので、この時期はたまに日本が恋しくなる時期でもあるんです、私にとって。

【東寺ライトアップ】

開催期間:10月28日〜12月10日

料金:1000円(拝観料込み)


開催時間:18:30~21:30(最終受付は21時まで)

月に一回開かれる弘法市は一見の価値あり

毎月21日に東寺では弘法市というお祭りのようなものが開かれます。京都ならではな骨董品や屋台も出ていて、毎月とても賑わっています。
入場無料なので気軽に行けるのも嬉しいのですが、びっくりすることにこの弘法市、朝の5時くらいから始まり夕方4時くらいまでやってるんです。そして700年以上続く由緒正しすぎる行事なのです。

f:id:miho2blog:20171111095358j:plain

蓮の花が綺麗な夏の時期に行ってみました

f:id:miho2blog:20171112232139j:plain

京都らしく着物も多かったです。外国人の人にも大人気でした

f:id:miho2blog:20171112232425j:plain

出来たての食べ物を出してくれる露天もあったり

f:id:miho2blog:20171112232449j:plain

こういう場所で可愛い食器を発掘するのって結構面白かったりするんですよね

f:id:miho2blog:20171112232408j:plain

絶えず人が訪れてました

特に年内最後の12月21日に開催される弘法市は終い工房と呼ばれていて、1000点以上が出店する普段よりも格段に盛り上がりを見せるそうです。去年はフランスへ旅立っていたので訪れることができなかったんですが、いつかのチャンスを狙ってリベンジしたいなって思ってます。

開催期間:毎月21日

料金:無料

開催時間:05:00~16:00

f:id:miho2blog:20171113000820p:plain


私自身はしばらくは日本に帰る予定もないのでどちらも訪れることは難しいですが、この記事を見て興味を持った方が京都を訪れる機会を持てたり、はたまた実際行かれた方からどんな様子だったかを教えていただけたらな〜と思います。