Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

動物と一緒に暮らしている全ての人たちへ(前編)

f:id:miho2blog:20171116014039j:plainこんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。

新居に引越しをしてから1ヶ月ちょっとが経ちました。工事も無事先週末にやっと全部終わり、インテリアなど徐々に揃えつつ、クリスマスに向けてどんな感じでデコレーションしようかな?と思い悩んでいるお気楽な最近の私。

でもそれとは別にずっと考えていることもあるんです。

ペットを飼いたい!!

それは「動物と一緒に生活がしたい」ということ。日本で犬を飼っていることもあり、できれば犬がいいなとぼんやり考えてます。

ここ数年は実家に居たり居なかったりだったので、なかなか愛犬とゆっくりした時間が取れていませんでした。それでも母が毎月のトリミングでのビフォーアフターを送ってくれるので会えないながらに写真を通して身近に感じることができている状態です。
非常にツンデレなのか嬢王様気質なところもあるのでテレビ電話等には一切反応しないんですけどね 笑

今でこそ私はキャロルが大好きでたまらないけど、ウチにきた時はそんな訳でもなく、むしろちょっと毛嫌いしてたくらいでした。

我が家にやってきた経緯

それは私がまだ大学生の頃で、当時の私は学生をしながら居酒屋バイトを2つ掛け持ちしていました。
家族の中でやんわりと犬飼いたいね〜という話はしていたのですが、具体的な犬種などは全然話題に登らず。

その頃アイフルのCMでチワワのくぅーちゃんが大ブームだったこともあって、私の中では飼うんだったらチワワがいいななんて思っていました。

f:id:miho2blog:20171117062145p:plain
このロングコートチワワの子です


ある日バイトを終わって始発で家に帰ってきた私はいつものようにすぐ部屋で寝てたんですが、昼過ぎに

わんっ

という犬の鳴き声が聞こえた気が。

二度寝して数時間後に起きた私はリビングでダンボールに入っていた毛の生えそろっていないポメラニアンの赤ちゃんを発見。(確か当時6ヶ月くらいの赤ちゃんで手のひらサイズでした)

両親に話を聞くと、父の職場の人からブリーダーさんを紹介されて、偵察を兼ねて見に行ったら、母が大勢いるワンちゃんの中から全く吠えなかった2匹のポメラニアンのうちの1人に一目惚れをしてウチに連れて帰ってきたとのことだったんです。

眠いし疲れてるし、何よりも何の相談もなしに勝手に決められた事が超ムカついた私はキャロルを見て
「何でこんな汚い犬を買ってきたの?」って言ったんです。

次に会ったら名前が決まってた

機嫌がMAXで悪かった私。せめて名前くらいはみんなで相談して決めよう!と言って再び自分の部屋で休んでいました。
夕ご飯の時間になってリビングに行ったら、ちゃっかり父が犬のことを「キャロル〜」なんて呼んでいるのを聞いたんです。

ちなみに名前の由来がたまたまテレビに矢沢永吉さんを見たとがきっかけでつけたそうです。キャロルは矢沢さんの属してるバンド。ですが父はファンでも何でもないっていう…。

もう私の中では怒りを通り越して、呆れるというかもはや”無”の境地でした。

15年前の我が家

今は家族が好きって声を大にして言えるけど、昔は真逆でした。私は中学生くらいからのこじらせ反抗期をズルズルと引きずりまくり、3つ下の弟も同じように反抗期で家庭内は常に一触即発な状態で、とても暗く会話なんてほぼない状態でした。
元々両親も口数が多い方でもなく内向的なタイプ。家にいるのも嫌になるくらい、同じ家にただ人が何人か住んでいるような感じだったんです。

そんな中、我が家にポンっとやってきたキャロル。一緒に生活をし、躾をしている中で最初は失敗ももちろんたくさんして。でも悪びれる様子もなく、ひたすら全力で自分丸出しで突き進んでくる様子は誰が見ても可愛いかったです。

徐々にではあったけど会話の全くない我が家に、キャロルを介して会話が生まれるようになっていきました。みんながそれぞれ自分の言いたいことをキャロルを抱っこしながら、キャロルが喋っているかのようにして家族間でのコミュニケーションが生まれたのです。

愛犬ヒストリー

キャロルを撮りたいがためにデジカメを買い、写真をたくさん撮っていたけど、PCにデータを取り込んでいなかったものが多すぎて思ったより手元に写真がないことに愕然とした今回。
写真って撮ったと言う事実に満足しがちだけど、後から見返すことも見越して、撮ったらすぐに整理しておかないとなと反省…。

ここからはしばらく愛犬キャロルちゃんの写真集になります。要はただの愛犬自慢です。たくさんあるのでポメラニアン好きの方はぜひ見てね!

f:id:miho2blog:20171116014839j:plain

今持っているデータの中で1番古いもの?たぶん3,4歳くらい??

f:id:miho2blog:20171116014849j:plain

ヨーグルトが大好きで全力で顔を突っ込み毎回べっちゃべちゃ

自分で取れないくせに外してあげようとするとものすごい唸り声をあげて怒ってた 笑

f:id:miho2blog:20171116014900j:plain

怒られた時は扉から半顔してこっちを覗き込むんです。犯罪級に可愛い!

f:id:miho2blog:20171116014907j:plain

お風呂後。ふわふわのポメラニアンなのでギャップがすごい。

こんなに小さかったっけ?と思うほど洗った後は3回りくらい小さくなります。当時は骨格が大きいのもあるんだと思うけど、4kgオーバーで肥満度5段階中4と言われていました。後ろの生活感がもろに出てて恥ずかしいけど、ペロッと舌出ししてて可愛すぎる!

f:id:miho2blog:20171116015010j:plain

よくこのポーズをするんですけど写真にうまく収められたのはこれだけ。

計算してないはずなのに、心を持っていかれちゃうような可愛さ!

f:id:miho2blog:20171116014927j:plain

バイト代を洋服を買うことに注ぎ込んだり。これはメイドっぽく。

f:id:miho2blog:20171116020033j:plain

とある日は盗人のように

f:id:miho2blog:20171116015955j:plain

この遠くを見る目…「もういい加減にしてよ」と言わんばかり

f:id:miho2blog:20171116020019j:plain

編み物に凝っていた私の自作の犬用ポンチョ。なんだかすました顔しちゃってる

f:id:miho2blog:20171116014933j:plain

私のユニクロデニムが3本買えるようないいお値段のデニムを着こなす犬

f:id:miho2blog:20171116015003j:plain

疲れ果てるとこんな感じで白目を向いて爆睡したり

f:id:miho2blog:20171116014947j:plain

お姫様気質なのでちょっとご機嫌斜めだとこんな感じで

f:id:miho2blog:20171116014952j:plain

本気で怒るとこんなんなります。背景が黒いせいもあってなんかすごい迫力

私は昔鼻を噛まれて大出血をしたことがあるんですが、それ以外には怪我をするほど噛まれることはないのですが、一番身近でお世話をしている母には毎日噛み付いているそう…

愛犬のことになるとつい話が長くなって写真も多くなってしまったので、また書き記していきます。中途半端な終わりになってしまいましたが次回は愛犬を家族として迎え入れたことによって私の家族がどう変わったのかを人間と犬目線でお話しようと思います。