Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

【夢】を持たないで育った私が30代半ばになって辿り着いた結論

f:id:miho2blog:20171125083749j:plainこんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。
最近【夢】について聞かれることがあったのでわたしなりに振り返って考えてみた。

きっと誰もが小さい頃に周りの大人からよく聞かれたであろうこと。

大きくなったら(大人になったら)何になりたいの?
将来の夢はなぁに?

幼稚園の頃、小学校の文集か何か、中学高校では進路相談の時。節目の時にも必ず聞かれるこの質問。だけど小さい頃から一貫して私は答えを持っていないタイプの子供だった。

夢を持っていないことはいけないのか?

f:id:miho2blog:20171125072214j:plain

今でも覚えているのが幼稚園の時に、自分のやりたいことを画用紙に書くというような時間があって、特に夢もやりたいこともない私は、素直にないのと答えたら先生が執拗に「そんなことないでしょう?やりたいことや夢を持っていない人はいないんだよ?」って私に話したんです。

多分最後の最後まで私がなにも描かなかったから、先生が焦ってたのかもしれないし、私に対してはっぱをかけてくれたのかもしれません。
でも私の中の感情では夢を持っていないことはダメなことなんだとの解釈として残りました。

私は変わらず”夢”を持たないまま育った

小さい時のこの経験が妙に私の中で強く残ってしまって、それから学校での集団生活を送るようになっても自分のやりたいことや夢というのが全く見えないでいました。

父が医者ということもあり医療系の方向に進むものと勝手に思っていたようで家族内ではそんな話も一切せず、ドラマとかを見ては現実に対して、どんどん冷めていく私がいたんです。その一方で周りの友達は将来のことについて楽しそうに話をしていて焦ったり羨ましく思ったりしてました。

でも生まれた時からの性分で我がとても強く自分のやりたくないことは断固としてやらないというポリシーだけは貫いてみせるという野心は人一倍ありました。

やっと見つけたもの

それでもやっぱり模索はしました、自分が興味のあることってなんだろう?って。考え続けて数十年。大学を卒業した私はフリーターになることにしました。就職活動自体をしなかったんです。だってやりたいこと、興味があることがなかったから。周りのみんなもそういう子が多かったけど、大学を卒業=就職活動もセットでやることが当たり前という流れに流されてる子ばかり。

嫌いなことを無理やりやらされる位なら、自分が好きと思うことを苦労してもやるほうが長い目でみて幸せなんじゃないか?って思ったんです。もちろん家族や大学からの風当たりはそれはそれは強かった。でも同時にそこまでして貫いた自分の意見だったのでなにがあっても、簡単にはくじけてはいけないんだってマインドもそこで構築することができた

学生時代からのバイトで出会った人のおかげで、飲食業界で働くことの面白さを通して、やんわりと人に喜んでもらえることが何より自分も嬉しいと気づくようになったのはフリーター時代の大収穫でした。

これからも夢は持たないかも

f:id:miho2blog:20171125080243j:plain

正直言って今も明確に何かやりたいことがあるのか?って聞かれたら即答で「分からない」と答えられる私。未だに自分がなにをしている時に喜びを感じるか?という程度のことしか自分のことが分からないんです。

でも以前のように夢を持っていないことに対しての劣等感は感じなくなりました。夢を持っている方が今後のことに対して目標を立てて行動もしやすいけど、なければないで毎日の中に楽しみを見出して過ごせればいいんじゃないかと思う。型に決まったものがない分、スキに対して敏感で入れるように、そんな感覚は鈍らせないように常に張り巡らせていないといけないとは思うけど。

目先のことだけを見てるっていうのはあんまり好きじゃないけど、意外と自分の置かれている現状を噛み締めて幸せと感じることってあまりないから、焦ってやみくもに目標を探すよりかは自分のペースで日常に感謝をしながら、好きなことを見つけられて、それが長く続けていけるものだったら結果的には夢を見つけたことになるのかなと思います。

夢が見つからないすべての人へ

f:id:miho2blog:20171125083012j:plain

夢がないからって恥ずかしいことではないんです。きっと興味の対象がたくさんあったり、何をしたいか決めかねていたりって人によって事情は様々だと思うけど、心が動いている限りは大丈夫。

無理して見つるのではなく見つかったらラッキーくらいの心構えでいると不意に舞い込んでくるかもしれないし。ってことで焦らずのんびりと。
【自分】を見失わずに生きれたらそれでいいんだー!私はわたしのままでいいし、アナタはあなたのままでいいんです。みんな違ってそれでいいんだ!