Y O L O

飲食バカな放浪家ミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方について考える

冬だけじゃない!通年使えてコスパが良い【オイル美容のススメ】

f:id:miho2blog:20180210014307j:plain

こんにちは、みほつー ( @Miho2blog )です。

日本は異常なまでの寒波襲来のようですが、今年はやや暖冬気味?なフランス。でもやっぱり寒いので、最近は温泉に行く夢をたびたび見るほどにバスタブを欲してます。

海外ではよくあることだと思うんですが、基本的にシャワーだけで済ます文化が多いのでバスタブのない家がほとんど。けど湯船にゆっくり浸からないと体の疲れも取れないし、芯からあったまらないんですよね。

年間通して乾燥しているここアルザス地方。梅雨嫌いすぎる私はその時期は嬉しいのですが冬は死活問題で…。そろそろなくなってしまいそうだったので母に頼んで日本から愛用してる”あるモノ”を送ってもらいました。

無印良品のホホバオイルが素敵で無敵!

もう何年愛用しているか忘れてしまうほど、生活の一部となっているこのオイル。

これ以外にも50ml,200mlサイズがあるのですが、私は移動が多いので機内持ち込みもできて使い勝手の良いサイズの100mlをいつも使っています。

f:id:miho2blog:20180211014347p:plain

写真引用:無印良品の公式ホームページより

MUJIのホホバオイルは南米、ペルーなど契約農家で無農薬で栽培されたもので作られていて、人間の皮脂の成分である【ワックスエステル】を多く含むので肌の水分、油分のバランスを整えつつも、ベタつかずさらっとした使い心地なのが最大の魅力かと。

マルチに使えるコスパの良さ

私はこのオイルを顔、体全体、髪の毛、ツメなど全身に使っています。ただこれ1本だけで十分賄えるほどの効果までは感じないので、あくまで補助的なポジションで普段使っている基礎化粧品にプラスして使う感じ。

これ1本で全身に使えるということで、移動の多いミニマリストの私には欠かせないもの。

ツメ

週に1回ほど気が向いたら甘皮のケアをするんですがその後に。ささくれが気になる時に。爪先に1〜2滴つけてよく揉み込むようにマッサージします。

末端の血行も良くなるので冷え性の改善にもなります。

髪の毛

洗い上がりの髪の毛の毛先を中心になじませます。
*地肌までつけてしまうと洗ってない人的なツヤが出てしまうので要注意!

ドライヤーで乾かし終わった後にも同じく毛先を中心に手ぐしでなじませるように少量つけると良い感じのツヤが出ます。
つける量は長さや毛量によるかと思うんですが、肩下15cmで毛量やや少なめの私で8滴ぐらいつけてます。

顔と体全体

最近発見したオススメの使用法があるのですが、お風呂上がりや洗顔後の濡れている、肌に水分が残っている状態にオイルを適量出して両手で擦り合わせて温めたものを塗るんです!

一見オイルと水って混じり合わないんじゃ?と思うかもしれないんですが、肌の上にある水分も一緒に取り込んで肌に馴染んでくれるんです。元々さらさらとしているので肌馴染みも良いんですが、水があることでよりスムーズに肌に入っていきます。

なのでその後につけるであろう化粧水などもケンカすることなく使えます。このオイルが導入液のような役割を果たしてくれるので、むしろ浸透が格段に良くなります!

さいごに

ぼーっとしてて単純につける順番を間違えたことによって偶然に発見したことだったのですが、ぜひ同じくホホバオイル愛用している人で知らない方がいたらぜひ共有したいなと思って書きました。これって有名?常識?みなさん知ってることなのかな?
他にも良い使い方があったらぜひ知りたいです。

他にもMUJIで心から大好きなオススメグッズを紹介しているので、よかったらぜひ見てみてください。

www.miho2blog.com