Y O L O

放浪家なミニマリストがアルザシアンと結婚して30代の生き方を考える

7ヶ月の日本への一時帰国を決めた流れ

f:id:miho2blog:20181029233250j:plainこんにちは、みほつー( @Miho2blog )です。

気がついたら長いことブログを書かずにいました。長いこと何をしてたかっていうと、いつもと変わらない日常を過ごしていたりしていたんだけど、自分の中で表現できないモヤモヤみたいなものがずっとあったんです。

そんな中で義理の兄の彼女と話をする機会があって(なんと彼女も日本人!)、たくさん話しているうちに霧がちょっとずつ晴れて少し道筋が見えてくるような感覚になったんです。
それでポンっと背中を押してくれるよなアドバイスもくれたりしてちょっとした大きな決意をしてみました。

日本への一時帰国

twitterの方でもポロリと呟いたんですが

というわけで今わたしは福岡県に住んでいます。
呟いた日を見ていただいたらわかるかと思うのですが、この日にチケットを手配したので決めてから日本に降り立つまで2週間でした。

一時帰国の目的

モヤモヤを感じてた、と書いたのですが主にそれの原因は【仕事】に関してでした。フランスに住み始めてからというものの、日本や今までいた英語圏の海外のように自由に大好きな飲食店で働くことができなかったのです。

よく言われていることだけど、フランスで仕事をするならばそれなりのフランス語を話せないとお話にならなんだなというのを身をもって感じました。
自分の性格上落ち着きがなくて働くことが好きなのもあってか、いわゆる主婦として家にいることが知らないうちにストレスとなっていっていました。

次にいつ日本に帰れるかな?と考えた時にいつ帰れるかじゃなくて、その機会は自分で作ればいいじゃない!ってことに気づいて、しばらくの間日本に帰って大好きなサービス業界で働きつつ、家族や友人に会ったり相変わらず旅をしよう!と思い立ったわけなんです。

福岡を選んだ理由

ちなみに今福岡に住んでいるのですが、全く縁もゆかりもない土地なんです。1、2回ほど弾丸旅行できたことがあるくらいで、友達もそんなに多く居ないし仕事のコネがあるわけでもない。

仕事をする上だったら生まれ育った東京に住む方が断然良かったんですがいくつかの理由があってこの地を選びました。

  • 主人が一緒に来日なのでインターナショナル色の強めなところ
  • 夫婦2人とも新しい土地に住むことが好き
  • 美味しい食べ物がたくさんある
  • 福岡という土地が起業家を応援している  

どれも魅力的な条件なんですが、特に1番最後の起業家を応援している風土というのが特に2人にとっても嬉しいところでした。

改めて日本の企業で働いて思ったこと

7ヶ月という期間限定の帰国でも雇ってくれている会社には感謝もしているのですが、仕事を始めたばっかりということもあり割と会社都合で働いている部分も多くて、夫婦の時間はおろか自分の自分もまともにゆっくり取れないのが現実。

ただ今回は働いてお金をもらうということで自分の自信を取り戻すリハビリのようなものも兼ねているので、最初のうちはこれはこれで仕方ないのかなとも割り切っています。

でもゆくゆくはフランスに帰って生活をするのは決まっていることだし、どこか第三国で生活するかもしれない私たちのライフスタイル。
改めて会社に依存することなく自分の力でフリーで働こうという意識が日々強くなっていくのを感じています。

 

さいごに

せっかく日本に、まだよく知らないけれど良い人たちとの出会いのおかげでこの土地がどんどん好きになっているので、仕事だけでなく福岡をもっと満喫したいとも思うし、フリーで働けるように今までの出会いや新しい出会いを大切に過ごして行こうと思います!

しばらくはのんびり更新になるかもしれないけれど、変わらずお付き合いいただけると嬉しいです。